ピアノが脳にいいと言われています。


脳科学者の澤口俊之先生が「ホンマでっかTV」でピアノが脳に良いと発言し、ピアノと脳の関係についてたくさんの人が注目するようになりました。


その澤口先生の言うピアノが脳に及ぼす影響とは・・・


「ピアノは両手を複雑に使い、一時的に楽譜を記憶しながら更に楽譜を先読みして演奏することが非常に脳機能を高める高度な行為だと言われています。


ピアノのレッスンを続けていると脳の前頭前野が発達し、脳梁と呼ばれる部分が太くなり左右の脳のバランスがよくなります。


小脳も大きくなり、運動機能・知的機能・感情機能がアップし、更に海馬と呼ばれる部分が発達し記憶力がアップするので学力向上につながります。

ピアノを習うことによって脳機能がまんべんなく育ち、スポーツや学力まで影響を及ぼすのです。」~澤口俊之~



私は脳科学の本が好きで良く読むのですが、

海馬という部分は丸暗記をすることで

大きくなり、頭が良くなるそうです。


ぴあの教室ソレイユのピアノのレッスンでも小学生以上になると

要所要所で丸暗記に当たる「暗譜(覚えて楽譜を見ずに演奏すること)」

を取り入れて曲の仕上げをしています。


暗譜=頭が良くなる訓練

だと思って暗譜演奏を積極的にレッスンで行っています。